駆除依頼のその前|ゴキブリ駆除はベイト方式がおすすめ|負担が少ない駆除方法

ゴキブリ駆除はベイト方式がおすすめ|負担が少ない駆除方法

駆除依頼のその前

シロアリ

害虫の存在を確認

比較的国内で発見されているのが、ヤマトシロアリとイエシロアリですが、施工の仕方も種類や習性によって異なります。特に国内に約2割程度の生息と言われるイエシロアリは、生息地域も狭く、シロアリ駆除・退治の実績が乏しいため、価格も高め傾向です。自分の住宅のシロアリ被害を知ることは業界でも推進されており、大抵は訪問販売形式の無料点検を提案しています。駆除するための価格では1坪あたり4千円から1万程度の差が開くため、ネットや電話での問い合わせ、見積りでは法定書面を受け取っていることも確認します。別途の施工費用を請求されないための安全策でもあり、注意点です。またシロアリ駆除・退治には、シロアリの存在が不可欠です。ポイントとして、自分のデジカメを貸し出し、画像を確認することです。また、薬剤散布などの駆除のみなのか知ることも重要です。必要に応じた調湿剤や換気扇導入などの施工が必要なのか、駆除に莫大な料金が発生しないためには様々な点に着目することが大事です。

様々な施工

一般的な見解では、採光・通風・防湿を図ることによってシロアリの被害を未然に防ぐことが可能である考えが情報として流れています。シロアリは乾燥や風に敏感ですが、シロアリ駆除のプロいわく、乾燥した場所でも生息する見解です。というのも、湿気を守る役割として蟻道と蟻土の存在があります。シロアリ駆除の目安となる足跡で、土や糞などを固め、トンネルとしての経路が蟻道です。乾燥させないために土で隙間を埋めるのが蟻土で、常に湿気た状態が保たれています。駆除の目安として、シロアリが軟かな木材の中心を食べている際に、ひび割れした穴を補修する蟻土が複数見られる場合、被害は拡大しています。こうした内容を判断し、柱に穴を開け、薬剤を直接注入したり、土壌表面や深部にまで有効成分を散布するなど、応急処置が速やかに行われます。もちろん、シロアリのコロニー自体を消滅させる工法も展開されています。